太陽光発電で得をするために

太陽光発電を設置した方、あるいは設置を検討している方の多くはご家庭の電気料金を抑えたい、そして売電による利益を得たいと考えていると思います。
この売電というのはその名前の通り、電力を売るという事で、太陽光発電により発電をされた電力のうち、ご家庭で使わない電力を電力会社に買取をしてもらう事でその売買利益を得るという事です。
余った電力を売ってそれが利益となるのなら、こんなに得をする事はありません、しかしその為にはご家庭の節電努力というものも必要になります。
節電の努力が必要とはどういうことなのか、それは太陽光発電を設置する面積、そして発電できる電力と大きく関わってきます。
南面に広い屋根が広がっているからこの屋根全体に太陽光パネルを設置して、できる限りの電力を発電し、それを電力会社に買ってもらえば利益が多くなると一概に考えるのは安易な考えです。
太陽光発電のパネルの面積を広くすればするほど、設置に係る費用は多額になりますし、何よりもその為に屋根に係る荷重というものが大きくなりますので、設置できるパネルというものにはそのご家庭の建物により限りがでてきますし、費用が多額になれば、いくら売電をして利益を得る事ができても、設置にかかった費用を回収する事を考えれば売電による利益と費用回収の歳月を天秤にかけてみて下さい。
その為に太陽光発電を設置をする場合には、多くの場合は標準的な家庭の年間使用電気量を賄えるだけの電力が発電できるだけの太陽光パネルが設置をされます。
もちろんそれぞれのご家庭がそれ以上を望む場合にはそのような工事をしますが、工事費用はその分加算でいきます。
そして太陽光発電は太陽の光によって電力を発電しますので、太陽の沈んだ夜間には発電する能力はありませんし、雨天や曇りの日なども日中の電力を期待する事はできません。
何よりも多くの家庭で電力を多く必要とするのは日中よりも夜間です。
ですので、この夜間の時間の電気の使用量を抑える事で、電力会社に支払う電気料金を少なくするという事が必要になるのです。
せっかく太陽光発電を設置しているのですから、少しでも得をするように、ただ電気代が安くなるというだけではなく、売電をする量を増やし、更には支払う電気代を抑え、差引を大きくする事が「大きく得」をするためには大切な事なのです。