不毛の砂漠地域の有効活用としての太陽光発電の魅力について

現在、世界的にクリーンエネルギー政策として、多くの国で太陽光発電の普及を推進しています。
それだけ、今後も発展が見込める分野でもあり、人々の知恵や工夫によって、新たに発電能力が高い機器が開発されていくことは間違いありません。
各国の状況を見てみると、砂漠化された不毛の土地に発電モジュール基地を建設して、そこで発電を賄う動きも活発化されています。
それ以外には、宇宙空間を活用して発電モジュールを組んで、それを地上に送電する計画があったりする程です。
太陽光発電がおススメな点は、そういったモジュールが比較的に安価で制作できるようになった点と半永久的に故障しにくくいつまでも発電をし続ける点があります。
またもモジュールを作り出すための資源が世界には無尽蔵に存在している点もあり、永久的に制作することが可能な点です。
先の例で、アフリカ大陸のゴビ砂漠に現在の性能の発電モジュールを埋め込んで仮に総て設置したとしたら、人類の使用する電気量を総て賄うことが出来るといった試算もあるぐらいなのです。
そのため将来は、砂漠の地域に発電モジュールが建設ラッシュされる可能性はあるでしょう。

This entry is filed under 太陽光発電がある生活.