太陽光発電は慎重に

太陽光発電はこれからの社会に大いに役立っていくと思います。
原子力発電の安全性が危惧されている今日となっています。
火力発電の燃料高騰により、電力会社は電気料金の値上げに踏み切ろうとしています。
こういったインフラの不安に特効薬として役立ってくれそうなのが太陽光の発電です。
太陽光のエネルギーにしているので100%クリーンなエネルギーです。
企業だけでなく、一般家庭にも普及しつつありますが、だからいって何も考えずに闇雲に太陽光の発電器具を設置することはあまりお勧めできません。
なぜなら、コストがかなり高いからです。
最近、我が家に電話がかかってきました。
内容は太陽光発電にしませんかという電話でした。
電話主は太陽光の発電にするとお得ですよということを必要に言ってきました。
だが本当に太陽光の発電にするとお得なのかということを考えました。
太陽光の発電で余った電力は電力会社に買い取ることができます。
収入が増えてお得だと思われるかと思いますが、そこに落とし穴があると私は思います。
なぜなら、電力を売っても確かお金にはならないということです。
夏の間は太陽光の発電効果は高いです。
電力が余って電力会社に売ることができますが。
ですが全部が売れるというわけではありません。
そんなに思ったほど高く売ることができません。
値段が倍になったとしても僅かな値段にしかなりませんので、電気を売る目的ではしない方がいいと思います。
また、国が支援してくれるというのも必ずとは限りません。
自治体にお問いわせをするべきだと思います。
そうでなければ補助金がもらえないという事態にもなりかねませんのでしっかりとした下準備というのが大切だと思います。

This entry is filed under 太陽光発電がある生活.