導入するための値段は?

太陽光発電を導入する際に気になるのが、導入にかかる値段だと思います。

1990年代は、導入するための値段は1kwあたり300万円ほどかかっていたそうです。
とてもじゃないけれど、一般家庭では導入できない金額です。
しかし年々技術が進化し、また注目を集め導入する家庭や企業などが増え、各社が販売競争を行うようになってからは、かなり安くなりました。
目安としては、1kwあたり55万円です。
この数字は国から補助金を受け取ることができる金額です。
もし工事費込みで1kwあたり60万円の値段になると、補助金が交付されないことになります。
補助金を受け取りたい方は、この値段を目安にすると良いでしょう。
一般家庭で導入されている太陽光発電は、3~5kwがほとんどです。
その場合、すべてにかかる費用は約160万円以上するでしょう。
もちろん導入するメーカーや業者によっても変わってきます。
最近は低い金利でお金を借りられる、ローンがあるようなので、利用してみると良いでしょう。

This entry is filed under 設置にまつわるお金について.