鹿児島県での太陽光発電事情

南国の鹿児島といえば太陽光発電に適した土地と思われます。
実際、鹿児島湾岸の埋め立て地にころ国内で稼働中の太陽光発電所の中では最大規模のものになるそうです。
また、自宅に太陽光発電装置をつけませんかというような地元テレビのCMなども盛んに流されています。
それに国、県、市町でも自宅への太陽光発電装置を設置するにあたり補助金が交付されるなどの制度があり、市町などの場合は、場所によって違いますが、鹿児島市の場合には平成24年度の場合、1kW当たり 3.5万円(最大 3kWまで = 10万5千円まで)の補助金が出たそうです。

その上、太陽光発電装置で発電した電力は自宅で消費するだけでなく、余剰電力は電力会社が購入してくれる制度になっているので、経済的にも大いにメリットがあることが期待できます。
ただし、鹿児島県内でも離島では、各島に火力発電所を九州電力が設置しており、その施設を効率的に運転する都合から、太陽光発電や風力発電などの安定しない電力についてはなかなか購入してもらえないという危惧があるので注意が必要です。
そこで、自宅に太陽光発電装置を設置しようとした場合には、専門の施工業者に頼むことになりますが、実は、施工業者によりかなりの価格差があります。
また、装置の、設置経費、耐用年数、維持管理費、そして売電単価などを比較して、どの程度の発電量が適しているのか、また、実際自宅の屋根に設置してどのくらい発電できるのか、などの疑問をお持ちの方も多いと思います。
さらに鹿児島には台風もよくやってくるので、アフターケアにも注意したいところです。
したがって、太陽光発電装置を設置する第一歩は、そのような太陽光発電に関する疑問について丁寧に答えてくれる信頼できる施工業者を捜すことです。
また、その際にはメンテナンスの体制などにも注意して選ぶようにして下さい。

This entry is filed under 鹿児島県で設置事情.